北の国から

今年の正月からBSフジで昔放送していた「北の国から」をまとめて再放送しています。
現在は毎週日曜日の夜に放送している。
私は実は昔からこの番組が好きでよく見ていました。
何が好きなのかって•••
多分、この脚本家の倉本聰さんの思想が気に入っているんだと思います。
そして•••多分に私の行き方に相当影響していたるなと。
この人の行き方はかなり反骨精神です。
反骨で反都会的で開拓精神がある。加えて少々考えが古い(笑)。
あ•••でも古いというのは•••本当は古いんじゃなくて、今の日本とか世界が間違った方向に行っているんだと思いますよ。
現代は昔と比べて色々と便利な世の中になったけれども、必ずしも正しい方向に行っているとは限らない。
よく番組の中で「男っちゅうもんは•••」というセリフ、よく出てきます。
これ、今じゃはっきり言ってセクハラです(笑)。
でも•••私自身は•••いずれ、また世の中、元に戻ると思いますよ。
もちろん、完全に男中心の世の中が復活ってことはありえないし、いつか女性総理大臣とかは出るだろうけど(というか個人的には出て欲しいとは思っています)••いずれぶり返しが来る。
本当の意味での均等が取れた社会にいずれなるんじゃないかって。
今はどういうわけか、極端に言って男性保育士がセクハラまがいで扱われる社会ですが•••。
私は世界の流れはよくわかりません。なので今後トランプ率いるアメリカがどう動いていくかは、興味深々、反面とても恐ろしいんですが•••。
話を戻しましょう。
北の国からのドラマでは倉本聰さんの思想があちこちに散りばめられています。
息子の「純」が東京に出て、彼女を孕ませてしまった時に、父親の黒板五郎が富良野から飛んできて必死に親戚の叔父に謝っている時に叔父(菅原文太)が
「あんたはこうやってすっ飛んできて謝って誠意を見せている。でもわしには誠意が感じられない。」
「誠意って•••なんだろうね?」
それから五郎は自分が家を建てるためのに全財産を出して買った丸太の材料をすべて売っぱらって金に変えてそれを誠意として差し出した。
•••自分が一番大事にしているものを惜しげもなくすべて人に差し出して謝るのが本当の誠意•••
’92巣立ち〜

純が付き合っていたシュウ(宮沢りえ)が実は昔、AV女優だったことを知って純はシュウに会わなくなってしまった。
それを見ていた五郎が純に
「最近おまえはゴミ収集の仕事についてから、毎日帰ってくると手を洗う習慣がついたな。」
「おまえの手の汚れは石鹸で洗えば落ちる。でも洗っても落ちない汚れはどうするんだ?」
「人間、長く生きていると、どうしても落とせない汚れが付いてくる。父さんなんか•••汚れだらけだ。」
「そういう人間は•••どうすればいいんだ?。

https://youtu.be/x_Q6jqowrjg?list=PLNflW7SQwKCvxUwARW7EJ6sHV2sbGmfn2

‘95秘密〜

倉本聰さんの脚本はどれもみんな危ない内容です(笑)
危なくて、エグい内容で、究極のタブーばかり扱っている。
あまりにも内容がグロいので正直、今のテレビドラマには合わないのかもしれない。
しかし、そのグロい内容は•••実は本当の人間の姿でしかないし、エグい内容なんて、現実的にはないようで、そんなことばかりだ。
そういうことに人は目を背けて生きている。
そんなこと、あってはならないとか、子供の教育に悪いとか•••。
けど、それが現実の人間なのです。
本質から目を背けて、きれいごとばかりで果たして本当の回答が得られるのか?
•••そんな倉本聰さんの思想に沿って私も生きたら•••こんな人間になってしまいました( ´ ▽ ` )ノ

••いいんだか悪いんだか•••

人間の本質とか正直な気持ちとか、言っちゃいけないことは脇に置いて、自分にとって一番大事な部分を忘れちゃいないかって•••

•••私は思うんですがトランプ大統領っていうのは実は本質的な大統領が出てきたのかもしれない。
••まあそれはいいとして•••世間とアメリカはいいとして•••

私も倉本聰さんみたいに、なにがしかの表現手段を持ちたいと•••思っている今日この頃なのですが•••

まあそのあたりは次回書くとして、次につなげたいと思いますが•••。
とりあえず、皆さんもBSフジの日曜夜再放送、見てください。