オンラインレッスンをやってみましたが・・・

コロナウイルスによる影響でオンラインレッスンを試そうとしているピアノ講師は多いと思います。

私もその一人でなんとかなるかなと幾人かテストを試みましたが・・・

結果は、正直、あまり期待しない方が良いと思います。

もちろん、全くやらないよりは、良いのですが・・・。

私の場合は

1.LINE

2.skype

3.zoom

この3つを試しました。

この3つのうちどれが優れているということはないのではないか、というのが私の判断で、どちらかというと、それよりもwifi環境の方が重要なものがあるという感じが受けました。

ただし、LINEの場合は誰しもがアカウントを教えてはくれない可能性もあるので、単純にはSkypeやzoomの方が勧めやすいです。

オンラインレッスンの場合、メリットデメリットがあると思いますが・・・

メリットはもちろん、今は人との接触をせずにレッスンができるという点ではありますが・・・

一方デメリットとしては、音質においては圧倒的に不利です。

音楽的な指導という点ではほぼ、成果があげられるか疑問です。

私が使っているwifi環境はnuro光で世界最速の2Gです。

もちろん一般家庭にまで届いている状態でパソコンで速度を図ると500Mbp、アップロードに関しては350Mbpまで落ちてしまいますが、おそらくこれでも末端スピードとしては世界最速のはずです。

しかしそれでも音質(音色)においては使い物になりません。

どう音色においてこちらが留意して弾いても向こうでそれが判断できないぐらい音が劣化して届いてしまいます。

ただ、譜読みのチェックという点ではなんとかできるとは思います。

ただし、間違っている音のチェックをしても、こちらで書き込みはできません。

また指使いが間違っていても、生徒側でカメラ目線を調節してもらわないとチェックはほぼできません。

レベルでいうと、バイエルレベルならば、ある程度のレッスンは期待できそうですが、それ以上の音楽的レベルを伴う学習者には圧倒的に不利です。

テクニックの指導においても、ある程度の指導はできますが、究極の奏法の指導ともなると実践的に目の前でやらないと難しい。

学習塾、英会話などならば問題ないのかもしれませんが、そのあたりがピアノレッスンは厳しい面が多いと思います。

しかし、現状ではいったいこの外出自粛がいつまで続くのか、わからない昨今、オンラインをやらないよりはマシなのかもしれません。

困ったご時世になったものです(汗)

気になるピアニスト

どこに行っても、なんとなく気になるピアニストはいるものです。

それほど大きい賞を取っていないけれども、非常に気になるピアニストはよくいる。

私は実は2015年のショパンコンクールの全演奏youtubeを持っています。

まあ言わばそういう行為は「犯罪行為」ではあるのですが(汗)こういうコロナのせいで暇な時期に、もう一度じっくり見てみようかと、今聞き直しています。

そんな中で・・・

ああ、そういえばこんな、気になるピアニストがいたなと。

Luigi Carroccia

イタリアのピアニストですが、残念ながら2015年の時には3次予選まで行ったのですが、おそらく腕の故障で、演奏途中、一旦痛みで退場をしてしまい、失格となってしまいました。

しかし、彼の演奏は忘れられない「何か」がありました。

凡才程度の他の出演者と違った「何か」がありました。

それが何?と聞かれても、答えられないのですが・・・。

それが、ショパンというものです。

彼は2020年には28歳。

ギリギリの年齢ですが、果たして今回は出るのでしょうか?

ショパンは他の作曲家とは一線を違えています。

求めているものが他の作曲家と違いすぎる。

それを非常に多彩な音色で表現する必要性がある。

本来ならそういう多彩さは印象派の方が求められることが多いかもしれませんが・・・いや、やっぱりショパンの方がその多彩さを必要として、かつそれがないとまずい気がする。

他の演奏

私は実は彼の3次予選のプレリュード集のすべての演奏と、途中退場のシーンの動画を持っていますが、現在ではそのすべてのプレリュードの動画はインターネットではないようです。

でもすごい名演です。

このyoutubeの演奏を聴いてもわかると思うのですが、結構危なっかしい部分が多々あります。

多分腕の故障によるミスだと思うのですが、普通これやると絶対1次予選敗退なのですが、3次予選まで行ってしまっています。

多分、何がしかのものを、やっぱり審査員も認めて、ミスは度外したのかなと?

どうでもいいけど、このコロナ休暇の間に曲をいっぱい仕上げないと(汗)

ソフトペダルはどんどん使った方がいい。

最近は気温と湿度の関係でピアノのコンディションが一定しません。

そういう場合、ピアノの音がいろいろ変化するのですが、ややキンキンな音になりがちな時が多いようです。

そんな時、音が出すぎる、もしくは硬い音になりがちになるので、ソフトペダルを使うことになるのですが、通常はソフトペダルを多用するのは本来はご法度と言われてきました。

なぜなら、ソフトペダルに頼ると、自分から柔らかい音、小さい音を出すことを怠けてしまう傾向にあります。

なので私もなるべくソフトは使わずに弾く練習をしていましたが、最近気がつきました。

やっぱりどんどんソフトペダルは使った方がいいのかなと。

理由は単純です。

やはりソフトペダルでないと生み出せない音が存在するからです。

ここにいろいろ書いてありますがソフトペダルはそれはそれで重要な楽器です。

ソフトを使えば、やはり多様な音が作り出せると思います。

なんというか・・・頭で空想している音を作りやすくなる。

あまり出し惜しみや、ソフトペダルを使わなくても、なんとかなる・・・ではなくてどんどん使った方が良いのでは?と最近は思っています。

加えて、やはり小さい音はソフトペダルを使った方が容易に作りやすい。

やはりそこは出し惜しみしない方が良いのではないかと思いますし、創造的な音作りにはどんどんソフトペダルを使った方が良いのではと。

当然、楽譜に指示があるから踏む・・・のではなくて、書いていなくとも、使った方が良いと思います。

そう考えると・・・

ピアノはやっぱり上級者はグランドピアノでないといけないと思います。

その差はあまりにも雲泥です。

なかなか学習者に初っ端からグランドピアノを勧めるのはできませんが、根本的にアップライトピアノではダメということになりかねません。

もちろんアップライトピアノにもソフトペダルをつけている機種もあるようなのですが・・・

今まで確かに私もそういう機種に触ったことはあるのですが、なんというか・・・その効果がイマイチでした。

多分楽器自体の箱の性能の違いが出ているのではないかと思ったのですが・・・。

どちらにしても、グランドピアノを持っている人は積極的にソフトペダルはどんどん使った方が良いと思います。

ショパンはやっぱり最強かもしれない。

生徒がショパンのポロネーズop26ー1を持ってきました。

久しぶりにこの曲に私も弾けるよう、練習をしてみた次第でした。

昔、何度も弾いた曲ですが、今回、真剣にもう一度向き合ってみたら・・・

この曲、すごいなと、感心しました。

なんていうか・・・ミニマム pppと普通の音量との兼ね合いで作られる音の響きが半端なかったのです。

昔、パデレフスキーというピアニストが「現代曲はピアノを憎んでいる」とか言ったと記憶しているのですが、私もそう思っています。

正直、ピアノ響きを無視する現代曲はあまり弾く気になれない。

最近はいつもはラベル、ドビュッシー、メトネルなどの曲を弾いていましたが、もちろんそれらはそれらで素晴らしいです。

しかし、それ以上にショパンの作品はもっとすごいんだな、と感心しています。

もちろん、そのショパンの曲を普通のあまり気にしないような、中途半端な音量で均一に弾いたら、何もわからないと思います。

究極の音量の差から生み出されるショパンの世界が、こんなにすごいものだったのかと。

もう200年前の作品ですが、驚きました。

これを上回る作曲家っているんだろうか?

ワルシャワでは5年に一度のショパンコンクールが開かれます。

ここで賞を取った人はもはや、それ以降、コンクール歴はいらないと言われるまでのコンクールです。

誰かが「ショパンばかり弾くコンクールですが、ショパンが弾ければ他の曲はもはや弾けるんです。ショパンが一番最強の曲なんです。」

と言っていました。

私もそう思っています。

ショパンが嫌いな人にとっては、気に入らない内容かもしれませんが(笑)

私も久しぶりにショパンの曲を満足のいく内容になるよう、もう一度チャレンジして人前で弾きたいと思っています。

独房刑務所に持っていくもの?

今や、小・中学生は独房刑務所に入っているようなものである(笑)

そういえば、昔ショパンが誰かから「もし無人島に何か一つだけ持っていくとしたら、何を持って行きますか?」と聞かれた時に

「バッハ平均律曲集の楽譜」

と言ったそうだ。

なんだエロ本じゃないのか(笑)・・・まあそういうくだらない冗談はいいとして。

平均律ですかい・・・あたしゃごめんだね(笑)

さて、生徒たちはおそらく今日の独房ともいえるべき毎日の生活、何をやっているのだろうか?

多分、この時に、何をやっているかで、その人の今後の人生が決まるのかもしれない。

別にだからといって勉強しなくてはいけないとは思わない。

漫画を見ていてもいでしょう。ゲームをしても・・・まあいいでしょう。

結局、強制されて行う事なんて、何も身につきやしない。

なので、この時期、膨大に宿題なんて出されたって、多分誰もやる気なんて起きるとは思えない。

それが人間というものだし、自分一人で家庭学習ができるんだったら、学校なんて、そもそも要らない。

結局自分は何が合っているのか?

それがこういう時期に将来の目指す答え、目指す仕事として、出てくる可能性があるのかもしれない。

勉強そっちのけで、庭の園芸いじりが好きだったら将来園芸屋に向いているのかもしれないし、電気機器の修理をやるようだったら、そういう仕事が向いているのかもしれない。パソコンをずっと操作しているんだったらプログラマーがいいのかもしれない。

いやしかし、外で万引き、盗難、カツアゲは困るんですけどね(笑)

私も同じく、この時期、どうしているかというと・・・

大人しく(?)ピアノに向かっています。

しかし、いつもなら午後の仕事を気にしながらの練習なので、なかなか本腰入れられないですし、なんかやる気起きないです。だらけてしまう。

しかし、この時期はですねえ・・・意外と集中できますね。なぜか。

膨大に時間があると、落ち着いて熟慮しながら練習に没頭できます。

やっぱり自分には時間がないとダメだなあ、と思ってしまいます。

若い頃はそういう時間があったのですが・・・。

精神的にも安定してきます。

と同時に、何を構築して、何を生み出せばいいのか、考えがまとまってきますし、はかどります。

時間ってやっぱり大事なんですね。

この時期、車でドライブをして(というより、山道でアクセルを踏み込んで爆走して?)遊んでくることもありましたが、結局帰ってくると何も残らなくて、それはそれで虚しいものがあるもんです。

やっぱり大人しくピアノを練習するに限るようです。自分は。

しかし、そんなコロナ春休みもはや1週間終わろうとしています。

残りあと1週間(汗)

いや・・・こうなったらさらにコロナに蔓延流行、パンデミックしてもらって・・・

さらに3週間独房生活にしちゃいましょうかね?(笑)

では・・・そこのあなたは独居房で何をやりますか?

もちろんピアノを持ち込むことも可能とします。

そこで何をやるか・・・

それが多分、あなたの本来の姿であるはずです。

もちろん、寝て暮らすのも結構です!(笑)

健康にはもってこいですから。

私も練習→寝る→練習→寝る→コーヒーを淹れる→寝る。

寝るが、一つ多いですな。

一番大事なことはコロナの症状のように、全身倦怠感で弾くこと(?)

なんでまたテクニックの内容なのに、コロナだの松井秀喜だの出てくんの?・・・と思われるかもしれませんが・・・

いたって真面目な内容です。ここは「真面目なブログ」ですから

松井のバッターボック、26秒からご覧になって下さい。

26秒からの松井の肩にご注目。

なんども肩を上げてから落としていますよね?

これはつまり、肩が上がらないように、下げているかを確認しているんだと思うんですよ。

スポーツとピアノはかなり同じ内容だと私は思っているのですが、ピアノも同じです。

絶対に肩は上がってはいけない。

肩をあげると全身に力が入りやすくなる。

加えて、上げてしまうと手に重さがかからないんです。

腕も手も宙に浮きやすくなる。

野球はなぜだかの理由はわかりませんが、おそらくバットを自由自在に操るには腕に無駄な力は入ってはいけないので、その辺りでピアノと同じ理由だと思います。

自然に重さを鍵盤に載せるには、肩から下はだらりと倦怠感のあるコロナ症状のように(?)脱力が出来ないといけない。

いや別に私はコロナにかかって倦怠感に襲われたわけじゃないですよ(笑)

でもその様に倦怠感が襲っている状態で弾いてほしいのです。

基本、重量奏法はもちろんいろんな奏法があります。

手首を回したり、跳ねたり、・・・

でも、最も基本的な奏法はまずは、「重さを自然にかけて全身の力を抜くこと」

これだけでほとんどの部分は弾けるはず。

それでも弾けない時に初めて、押したり、引っ掻いたり、回したり、跳ねたり・・・。

という奏法を加えていくだけです。

もちろんその特殊な奏法の時でも重さはかけないといけない。

大基本は倦怠感の様な脱力。

いっそのこと、

倦怠感奏法・・・といったほうがいいのかもしれません。

子供に「重さをかけて」と言っても理解してくれない生徒もいるもんで(汗)

さて、あなたも、重量奏法が習得できないときは是非!

明日から人混みに紛れてコロナウイルスにまずはかかって倦怠感を獲得しましょう!

全ての答えは小さい音

言葉で書くと簡単なのですが(汗)それに尽きるんです。

どれだけ小さい音を作って弾くか?

上級者が音楽で最後に行き着くエリアがそういうところなんですよ。

ピアノの難しいことは、速く弾くことでも、大きい音を出すことでもありません。

小さい音って・・・一見簡単そうに思えるんですが・・・。

上級者の問題は二つですね。

1.小さい音の認識

一つは・・・自分が本当に小さい音を出しているという認識があるかどうか?

小さい音で弾いている・・・と思っているうちは多分まだ音が大きいんですよ。

私が言っている音は、もうそれ以上小さくすると、音がかすれてしまう直前の音量を言っています。

そういう音が出なくなる直前のボーダーラインの音を作っているという認識があるかどうか?

大概はまだ音が大きいんですよ。

言葉ではこの程度なんですが・・・

でもピアノという楽器は、この小さい音と大きい音の組み合わせにペダルを使うと、驚くような音響が出ます。

ここがピアノの醍醐味であり、またピアノという楽器の不思議な所でもあります。

いかにこの小さい音の無限なる組み合わせを作るか?

そこがクラシック音楽の芸術性と結びついています。

結局言葉で書いてもですねえ・・・この程度の説得力しかないんですが・・・

ここはもうあとはご自身で実験して下さい。

今度そういう内容の実験手引きなるものを作ってみようかなとは思っていますが。

2.テクニック

もう一つの問題。

それは、そういう小さい音を出すことが必要であることは認識しているのだけれども、うまく持続的に出せないということ。

つまり・・・テクニックの問題です。

もうこれは圧倒的に重量奏法でないとできないと私は思っているんですがね。

私も昔は指の動きでそうやって小さい音を出していましたが、全然安定しないんですよね。

結局、中途半端に小さい音(つまり大きい音)が出てしまう。

ここが重要です。

ずっと安定して小さい音を出し続けること。

これが出来れば何も怖くないわけです。

しかし・・・多くの学習者はこれに悩んでいます。

もちろん私も完璧ではありません。

難易度の高い曲になれば、テクニックを改善しなければ安定しないこともよくあります。

感覚的には・・・簡単な曲の場合は、鍵盤の扱いです。

言葉で書くと・・・鍵盤の表面のわずか1mmだけ打鍵する、という感じかなあ?

その1mmのみの打鍵を安定させることです。

当然腕や指に力は入ってはいけないし・・・しかしわずかに重さはかけて・・・

しかも重さを宙にわずかに浮かせて・・・

まあ結局言葉で書くとこうなってしまいます。

やはりこの辺り、わかりやすいような手引きを今度作ってみたいとは思うんですがね。

あとは・・・ご自身で実験してみて下さい(笑)

私にとっても皆さんにとっても頭の痛い説法(笑)

ここで言う「プロ」と言う言葉は、もちろんプロピアニスト、と言う言い方になるかもしれませんが、実際はそうとも言えなくて、ピアノ学習者の誰にでも言えることです。

私も昔は練習三昧の人間でしたが、最近多少減退しております(汗)

それじゃいけないと、なにがしかの焚付けを探してはいましたが、本来、そういうものではダメなんです。

絶対的な興味がなければいけないです。

最近気がついたことがあります。

雑念があると、私の場合、ダメですね。

色々と考え事、悩み事、煩悩、美しい女性(?)・・・そんなものいませんが(笑)

そういう心を惑わされる事柄があると、完全に私の場合翻弄されて、練習に身が入りません。

長いこと、いくつかの煩悩に苦しんできましたが、最近はその、煩悩ともいえるものをなんとか捨て去ることが徐々にでき始めて、多分これから練習に没頭できるのではないかと考えています。

ここの動画で大事なことは27分以降を見たほうがいいです。

ピアノは人それぞれでしょう。

しかし、私はやはり、何かを残して死んでいきたいです。

さらに、できれば私の知識を伝授できる弟子を探したいと考えます。

時間は有限です。

生きている間にできること、成し遂げたいこと、解決したいこと。

聞きたいことがあれば、いつでも私のところに来て下さい。

押してもダメなら引いてみな(?)

そういえば昔、もう40年前のような気がするのですが(笑)JAlだかANAだかの機長が精神病にも関わらず、操縦桿を握って運航して、羽田の着陸の時にエンジンスロットルレバーをフルで押して逆噴射して墜落させる事故がありました。

その際、副操縦士が「機長!何やっているんですか!」と言ったらしいのですが、その時代、よくビートたけしがブラックジョークで「逆噴射!押してもダメなら引いてみな」とか言っていました。

今回はそういう意味ではなく(汗)テクニックです。

重量奏法は自然に重さで弾くことが前提ですが、それでもダメな場合は、下だけのエネルギーではなく、さらに前後に動かすことも必要になることがあります。

今日はちょっと忙しいので、動画は用意していないのですが、大概、私は重さだけでは足りない場合は押したり、引っ掻いたりすることが多いです。

もちろん、自然に重さをかけて弾く・・・これだけで実はすでに引っ掻いて弾いているのですが(多分普通は誰も気がついていません)

しかしその自然な弾き方でも弾けないときは、押したり引っ掻いたり・・・。

どちらが多いのかは・・・あくまでもその状況によるかな?

ただ、ひょっとすると・・・ひょっとするとですよ?

体格のいい人、手の大きい人、欧米の人などは、もう普通に重さをかけただけで弾けてしまうし、ほんのちょっと引っ掻いただけで十分音が出るとは思うので、あえて押したり引っ掻いたりする必要性はないとは思いますが・・・。

おそらく・・・我々日本人が、おもちゃのピアノや、ポータブルサウンドなどのキーボードを弾いている感じだと思うのです。

それって・・・もうその時点ですんごいハンディ(汗)

でも仕方がないです。

なので、引っ掻いてもダメな場合は是非、押してみる。

さらに・・・押してもダメなら引いてみな(笑)

一見、楽に弾いていますが・・・はい、確かに楽に弾いています(笑)

でも同じように自分がこのように多少引っ掻いて弾くと・・・

というか、すでに指の長さが足りないので、手首を固定しては弾けません(笑)

さらにサラサラと引っ掻いても音が出ません(汗)

絶対的な重量が足りません(汗)

ゆえに、さらに、腕の重さを手首にかけて派手に手首を動かして強く引っ掻かないと音が出ません。

困ったものです(汗)

この時期が一番コンディションが良い

何が?体調ですか?

いえいえ違います。寒くて体調良くないです(笑)

コンディションが良いのは・・・ピアノです。

1年で一番、太平洋地域は乾燥している時期です。

今年は暖冬なので、実は完全にカラカラではない時期もありましたが、最近はかなり寒さが厳しくなり、空気もかなり乾燥してきています。

外では多分30%はザラなのではないかと思うのですが流石に室内はそこまででないにしても40%ぐらいにはなっていると思います。

ピアノ業界では湿度は50%を保った方がいいと言われていますが・・・それって本当はどうなのかな?とは思っています。

自分の調律師は「乾燥していればいるほど良い」と言っています。

この場合、乾燥しすぎると木が割れる、と言われていますが、それは一旦湿ってしまった木が再び乾燥した時に割れが生じるらしいです。

なので1年中乾燥した状態ならば多分我は生じないのでは?と。

私のピアノもなるべく1年を通して40〜45%を維持するようにしています。

ところで室内ではあまりにも寒いので・寒さに勝てずに(笑)エアコンではなく、石油ファンヒーターを使っていますが・・・

これは正直、本当はピアノに良くないのです。

わかっちゃいるんですが・・・。

石油ファンヒーターを付けると明らかに、ピアノのアクション内に結露ができて、動きが悪くなり、そのせいでアクションの動きのスムーズさがなくなって、硬い音になりがちです。

ただ、石油ファンヒーターの方が、パワーがあるのでどうしても頼りたくなるのですが・・・。

私の場合は必ず、ファンヒーターを使う場合はエアコンも使うことにしています。

主に石油ファンヒーターは下層の空気、エアコンは上層の空気を温めるのに適しています。

両方使えばピアノはそれほど結露は発生しません。

お試しあれ。

ピアノは乾燥していると、本来の性能を発揮しやすくなります。

もともと本当の性能は多分40〜45%の時が一番良い音、アクションの動きが国産ピアノでも出るはずです。

もちろん海外製だと間違いなくこの湿度だと思います。

ひょっとすると30%台の方が良いのかもしれません。

そこのところは、所有している人でないとわかりませんが。

本来ピアノの整備をするときはそういう湿度内で整備をしないと、本当の性能を維持できないとは思いますよ。

ところで湿度の次は・・・温度なのですが・・・

これも重要で、温度はやはり少なくとも18度以上でないと、やっぱり、良い音が出ないようです。

低温度だとどうしても、硬い音が出やすい。

かといって、ピアノを弾くときだけ、部屋の温度を上げても、実はピアノ自体の温度って簡単に上がりません。

フレームは鉄でできているんだから、熱しやすく、冷めやすいはずなのですが・・・

意外とそうでもないんです。

正直、フレームが温まるのに、多分6時間はかかるんじゃないかと。

それぐらい時間が経つとようやく音質が安定するのです。

なので私の場合は夜中でもピアノの部屋は暖房は低い温度ですが、なるべく付けっ放しにしています。

国産ピアノでこうなんだから、海外製はもっとシビアだと思いますよ。

なんでも海外製ピアノを扱っている店では夜中もエアコンをつけっぱなしにしてあると聞きました。

そうでないと、調律もそうですが、コンディションも狂いやすいんじゃないかと。

調律などは湿度もそうですが、温度が過激に変化するとやはり狂いは早く生じやすいかなと思いますよ。

あらゆる面でピアノは国産製の方がややいい加減な環境でも維持しやすいのですが、それでも、性能にこだわるのであれば上記のようなメインテナンスは必要と考えています。

車は今ではメインテナンスフリーなのですがピアノはいまだに手がかかる楽器だと思います。

いやもちろん、メインテナンスフリーのピアノってありますよ!。

電子ピアノです!

調律いりませんからね(笑)

ただしあれを使って上達するかどうかは・・・(汗)

昔、トヨタで高級車の宣伝で

〜いつかはクラウン〜

・・・なんて言っていたのを

〜いきなりクラウン〜

にしてもらいたいがために

「ゼロクラウン」

という名前の車を出しましたが(スタートからクラウンという意味)

本来ピアノも

〜いきなりグランドピアノ〜

が望ましいところなんです。

上記のピアノのコンディションはアップライトピアノだと、あまりその差がわからないかもしれません。

なかなか住宅事情等、グランドピアノというのは持ちにくいのですが、ピアノ教育界では、これからそういう日本になってくれると良いのですが・・・。